エイチタス株式会社

“共創”を通じたソーシャル・イノベーション創出支援

2018.09.21

Global Lab SENDAI「ITサービス開発塾」へプログラムを提供

仙台市のITスタートアップ創出を担うコンソーシアム「Global Lab SEDNAI」(以下、GLS)で、若者向けのスタートアップ育成コース「ITサービス開発塾」がスタート。同コンソーシアムの代表幹事を務めるエイチタス代表の原が講師として登壇しました。

 

「ITサービス開発塾」はGLSが学生向けに提供する人材育成コースで、毎年2月開催のアプリコンテスト「DA・TE・APPS!」を目標に、ITサービスの企画や開発実装などを学ぶ半年間の連続講座。今回は東北大学などから7チームがエントリーしています。

9月17日に迎えた講座初日で、エイチタス代表の原が講師を務めました。

003_01

スキルだけを学ぶ講座とは一線を画し、「挑戦・自走・ 共創」の3つのコンセプトを明示。自らに問いを立て、燃える心を確かめるマインドや、新たな体験と価値を実現させ、世界を変えるアクション、パートナー、支援者、応援団を膨らませる意欲など、ITサービスを生み出す担い手となるためのあらゆる要素を鍛え合う場にすることを、参加者に訴えました。

初日のプログラムでは、個人やチームの目標設定と、企画のタネとなるアイデアづくりを実施。ハードなプログラムに、宿題を積み残したチームが多数出ましたが、地元企業から集まったメンターとともに、アツい半年間になる予感も強くなった1日でした。

003_02

参加する多くの学生にとって、GLSの「ITサービス開発塾」は、未経験の世界に飛び込む入口です。自分が何を世の中に問いたいのか、チームの仲間と語り合い、決断し、アクションを起こす。やりたいことを決める難しさを初日から味わった参加者へ、エイチタスとしても刺激となる問いを発し続ける講座へ進化させていきたいと思います。

003_03